椎間板ヘルニアとその誤解

椎間板ヘルニアも誤解の多い疾患です。いや最も誤解の多い疾患の一つかもしれません。いまだに多くの方がヘルニア=腰痛だと思っているのです。当院に訪れる方も問診にて「ヘルニア持ちなんで腰が痛いのが持病になってます」「いやぁ、ヘルニアなんで腰が痛くて」と仰る方が大勢います。そのくらい一般的にはヘルニア=腰痛が常識になっているのです。

しかし、この業界ではだれもが知っている有名な研究結果があります。それは1995年に開かれた国際腰椎学会で 国際腰痛学会(ISSLS)のボルボ賞(腰痛分野の研究についてのノーベル賞とも言われている賞)を受賞した研究です。腰痛の症状がない健常者の腰椎を検査したところ、約76%に椎間板ヘルニアが見つかり、85%の人に椎間板の変性が見つかったのです。

この結果はどういう事なのでしょうか?要するに、椎間板の中にある髄核が飛び出ている状態(ヘルニアとは飛び出るという意味です)や椎間板がつぶれて変形している状態でも大多数の人は腰痛を感じていないという事です。また、そもそもほとんどの方に椎間板ヘルニアや椎間板変性は起きているという事です。この結果からヘルニア=腰痛は間違いだという事が明らかになったのです。

では、なぜいまだに多くの方々がヘルニア=腰痛だと思っているのでしょうか?それは、元々腰痛という症状の85%超が原因を特定できないからです。健常者でも80%前後の方に椎間板に何らかの異常があるわけですから、当然映像診断を行うと椎間板に何らかの異常が見つかる確率は高いでしょう。そうすると、もしそれが腰痛の原因ではなくても、腰痛の原因ではないかと思い込んでも仕方がない事です。これが、ヘルニア=腰痛がいまだに信じられている理由です。

もちろん、腰椎椎間板ヘルニアが原因のひどい腰痛・坐骨神経痛も少なからず存在します(全体の3%程度といわれています。ただし、椎間板変性の母数が多いので実際はかなりの数だと思われます。)最近の研究では圧迫された痛みではなく、炎症系の痛みだと言われています。この場合は、完全に整形外科治療の範疇になります。

関連記事

  1. ぎっくり腰とその誤解

  2. 坐骨神経痛とその誤解

  3. 肩こりとその誤解

  4. 変形性膝関節症とその誤解

  5. 四十肩・五十肩とその誤解

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。