変形性膝関節症とその誤解

変形性膝関節症は、変形性関節症(軟骨の変性による滑膜等の炎症痛)の中でもっとも多く、2000万人超に見られ、そのうち症状がある人は約800万人といわれています。  

膝関節の中には硝子軟骨(骨の表面にある軟骨)と繊維軟骨(膝の場合は半月板)の二種類があります。そして、その硝子軟骨が傷んですりへってしまう疾患が変形性膝関節症です。

 

変形性膝関節症の原因と症状

一般的には、加齢等が原因で軟骨が徐々にすり減っていき、歩行時に膝の痛みがでる、階段の上り下りが特に辛い、歩行時の膝の痛みは無いが膝が強張ったり正座は痛みが出るのでできない。などが初期の症状です。

さらに変形性膝関節症が進むと、次第にO脚が酷くなり、進行すると関節が変形し半月板までも破壊を引き起こす疾患です。

変形性膝関節症の痛みとその誤解

一般的には、軟骨がすり減ることが痛みの原因だと思われていますが、軟骨には神経がないため、軟骨自体が痛みを発するのではありません。つまり、軟骨がすり減り始めてすぐに痛みが出るわけではないのです。

その痛みが発生する仕組みは、軟骨や半月板のすり減った破片などが刺激となって関節内を覆う滑膜に炎症が起こり、それによる侵害受容性疼痛(いわゆるケガの痛みで傷ついた部位から神経刺激物質が出て痛みが出ること)が初期における中心的な痛みです。ですから、かなりO脚変性が進んでいる方でも滑膜の炎症がひどくなければ、さほど膝痛を感じない方もいます。

それから、慢性期になると、一般的には、神経障害性疼痛(障害部位ではなく痛みを伝える神経系そのもの損傷の痛み)に移行していくと考えられています。平たく言うと、炎症自体は収まっているのに痛みが引かない状態です。

我々整体師の臨床経験からは、この痛みは膝蓋骨をはさんでいる大腿四頭筋の拘縮滑膜自体の拘縮が大きな原因となって神経障害性疼痛を起こしている場合が多いと考えます。そして、実際固まった筋肉・滑膜を弛緩させることは大いに痛みの軽減に役に立っています。

また、整形外科などで勧められる筋肉トレーニングも大いに痛みの軽減に役立ちます。ただし、筋肉を鍛える・筋肉を強くする・筋肉を太くすると考えるのではなく、筋肉を動かすことで血流を促し固まった筋肉を柔らかくする目的でトレーニングしてください。

 

 

関連記事

  1. 椎間板ヘルニアとその誤解

  2. 肩こりとその誤解

  3. 坐骨神経痛とその誤解

  4. 四十肩・五十肩とその誤解

  5. ぎっくり腰とその誤解

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。